トレーニング科学・発育発達老化

 尾崎研究室
 
 東海学園大学スポーツ健康科学部

トップページ 研究室紹介 研究業績 教育 社会貢献 公開資料
 
 本研究室では、『より強く、より速く、より高く、そして、より健やかに!』を実現するために、年齢・性・体力レベルを問わず、科学的根拠をもとに運動をより良くデザインするための研究を行うとともに、より良い未来のために運動をデザインできる専門家を育成することを目指します。
現場の指導者の方向けに開催しているセミナー等はこちら
 

  お知らせ

【2022年10月25日】子どもの握力に関する論文がChildrenで公開されました。
【2022年9月12日】子どもの筋厚に関する論文がJournal of Imagingにアクセプトされました。
【2022年8月22日】本学男子サッカー部が第46回 総理大臣杯 全日本大学サッカートーナメントに東海地区代表として出場しベスト16に進出しました。
【2022年7月3日】ロコモに関する論文がInternational Journal of Environmental Research and Public Healthで公開されました。
【2022年6月28日】血流制限トレーニングに関する論文がClinical Physiology and Functional Imagingで公開されました。
【2022年4月14日】担当する健康トレーナー演習Wの授業で現場で活躍するトレーナーの方にご講演頂きました。
【2022年4月1日】准教授に昇任しました。
【2022年4月1日】来期も日本トレーニング科学会で編集委員を務めます(〜2025年3月)。
【2022年3月26日】本学男子サッカー部が第39回愛知学生サッカー選手権大会で準優勝しました。
【2022年3月5日】漸減トレーニングに関するResponseがSports Medicineで公開されました。
【2022年1月22日】子どもの握力に関する論文がAmerican Journal of Human Biologyで公開されました。

過去のお知らせ
 

  予定

【2021年12月3日】日本女子体育大学附属基礎体力研究所 第33回公開研究フォーラムで漸減負荷法を用いたエネルギー供給系トレーニングに関する講演を行います。
【2022年11月7日】学部ゼミナールの活動として、黒笹保育園との運動遊びを実施します。
【2021年9月16日】第37回筋肉の会(オンライン)で漸減負荷法を用いたレジスタンストレーニングに関する講演を行います。
【2022年6月14・15・24日】学部ゼミナールの活動として、黒笹保育園との運動遊びを実施します。
【2022年2月10日〜3月3日】千葉県富里市ロコモ予防サポーター養成講座(オンライン)で講師を務めます。
【2021年9月17日】第76回日本体力医学会大会で演題発表を行います。
【2021年7月9・16日】学部ゼミナールの活動として、黒笹保育園との運動遊びを実施します。
【2021年3月13日】第19回大会日本発育発達学会で演題発表を行います。
【2021年3月5日】第28回日本運動生理学会でシンポジストを務めます。
【2020年10月6・12日】学部ゼミナールの活動として、黒笹保育園との運動遊びを実施します。
 

  公開資料

『公開資料』に現在出版されている私の論文等の中で無料公開されていものをまとめて掲載しています。ご興味のある方はご覧ください。

本ホームページは合同会社FLaT2によって運用管理されています。
Copyright © 2020 尾崎研究室 All rights reserved.
by 合同会社FLaT2